日産幹部ら率いるAAAM、アフリカで自動車産業育成に取り組む

  • フォードは今年、ナイジェリアでの「レンジャー」組み立てを停止
  • 日産SUV「パトロール」の組み立ては続いているが低水準

米フォード・モーターと日産自動車の幹部が率いるアフリカ自動車工業会(AAAM)は、ケニア当局と自動車産業育成に向け協力する意向だ。ナイジェリアの議員らとはすでに同国市場をめぐる話し合いを行っている。

  アフリカ各国政府の間に自動車の現地生産に対する関心が急速に広がる中で、この機を捉えようとAAAMが結成された。トヨタ自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)、ドイツのBMWとフォルクスワーゲン(VW)なども加盟するAAAMは、8月にナイジェリアのブハリ大統領と同国高官に対し中古車流入規制や、自動車メーカーと部品供給企業向けの政策を固めるよう促した。

  フォードのサハラ以南のアフリカ担当最高経営責任者(CEO)でAAAM会長を務めるジェフ・ネメス氏は同社が南アフリカ共和国のプレトリアに置く工場でインタビューに応じ、AAAMは当局側とのすべての会合で、本当に自動車産業の育成に関心があるのであればメーカーだけを国内に受け入れるのではなく「バリューチェーン全体、生態系全体を呼び込む必要がある」ことを伝えていると述べた。

  メーカー各社はナイジェリアで輸入部品を使い小型車の組み立てを始めているが、本格的な自動車生産にはまだ長い道のりが残されている。ネメス氏によれば、原油価格下落でナイジェリア経済と自動車需要が打撃を受け、フォードは今年に入り同国でのピックアップトラック「レンジャー」の組み立てを停止した。

  日産の南アフリカ担当マネジングディレクターでAAAMの副会長を務めるマイク・ホワイトフィールド氏は、同社のスポーツ型多目的車(SUV)「パトロール」の組み立ては続いているものの、外貨不足のため同社が望ましいとする水準を下回っていると説明した。

  同氏はまた、ナイジェリアやケニアを含めたアフリカ市場での自動車メーカーにとって別の障害は、利用可能な自動車ファイナンスがないことだとも指摘。ナイジェリア政府はこの問題に対処するため、南アフリカ共和国の金融サービスグループ、ファーストランドのウェスバンク部門と協力を進めている。

原題:Ford, Nissan Seek Africa Car Industry Fixes With State Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE