サムスン電子「ノート7」購入者、韓国で提訴-527人の集団訴訟

更新日時

サムスン電子製の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のトラブルで不便を被ったとして、損害賠償を求める購入者の数が増え始めている。

  ソウルに拠点を置く法律事務所ハーベスト・ローは24日、527人の購入者を代表してソウル中央地裁に訴訟を提起した。ノート7関連で韓国で初の集団訴訟となる見込みだ。

  原告側は、ノート7の過熱と出火が報じられる中、最初のリコール(無料の回収・修理)と生産打ち切りに伴い、時間や労力がかかったとして同社を相手取り、1人当たり約50万ウォン(約4万6000円)の支払いを求めている。

  サムスンに電子メールでコメントを求めたが今のところ応答はない。

原題:Samsung Note 7 Buyers in South Korea File Class-Action Suit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE