地銀利益あと7年で消失も、金融仲介機能の維持に懸念-SMBC日興

  収益予想の前提となる金利環境は当面大 きな改善が見込めず、2023年3月期には平均的な地銀の連結純利益はほ ぼなくなるとの試算を佐藤雅彦アナリストが24日のリポートで示した。 * 23年3月期のコア業務純益は16年3月期比で9割減に *現在の金融政策に理解示す人物が次期総裁に、金融緩和が続く可能性 高い * 貸出利回り低下に地銀が自助努力で抗するのは困難 * 再編で経費削減しても資金利益の下支えは望みにくい

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。