銀行新規制で欧州委が修正案準備-安定調達比率などの影響軽減図る

  • 来月にも包括プラン公表の予定
  • 安定調達比率は2018年から実施の予定

欧州連合(EU)が国際的な新銀行規制の修正を準備している。新規制が銀行に与える打撃を軽減しようとする取り組みの一環だ。域内では利益を上げるのに苦戦し大規模な雇用削減を迫られる銀行が続出している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。