NY原油(24日):反落、イラクが減産対象からの適用除外を求める

更新日時

24日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。石油輸出国機構(OPEC)第2位の産油国イラクが生産削減の適用除外を求めたため、減産の最終合意が危ぶまれ、売りが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。