「マデア・ハロウィーン」が初登場1位-週末の北米映画興行収入

  • 2位はパラマウントの「ジャック・リーチャー」
  • 3位はユニバーサルのホラー「ウィジャ」

週末の北米映画興行収入ランキングで、タイラー・ペリー主演の「ブー!ア・マデア・ハロウィーン」(原題)が初登場1位となった。

  調査会社コムスコアが23日発表した資料によれば、ライオンズゲート・エンターテインメントが封切った「マデア・ハロウィーン」の興行収入は2760万ドル(約29億円)。パラマウント・ピクチャーズのトム・クルーズ主演作品「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」が2300万ドルを稼ぎ2位に入った。

  3位はユニバーサル・ピクチャーズのホラーシリーズ最新作「ウィジャ:オリジン・オブ・イーブル」(原題)と、1-3位を初登場作品が占めた。

原題:‘Madea Halloween’ Tops Cruise’s ‘Jack Reacher’ at Box Office (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE