EU離脱選択した英国経済、7-9月は前期比0.3%成長か-BN調査

  • 予想通りの結果なら、1年ぶり低成長
  • 今月27日にGDP統計発表

英国経済は国民投票での欧州連合(EU)離脱選択の影響を多くの人々が予想したよりもうまく切り抜けているように見えるが、7-9月(第3四半期)は1年ぶり低成長となったもようだ。

  ブルームバーグ調査のエコノミスト予想値によると、第3四半期の英国内総生産(GDP)は前期比0.3%増が見込まれる。国民投票は6月下旬実施。4-6月(第2四半期)の実績は同0.7%増だった。予想通りならリセッション(景気後退)に程遠いが、四半期成長率は過去4年の平均の半分程度となる。統計は27日発表。

原題:Slowdown Hits U.K.’s Brexit Economy With 0.3% Growth Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE