クリスマス待たずに英国脱出開始も-最悪に備えると銀行団体首脳

更新日時
  • 単一市場へのアクセスを失うことを業界は懸念しているとBBA首脳
  • 英国のEU離脱交渉開始まで大手銀行が待つことはない見通し

英国に拠点を置く銀行は、欧州連合(EU)の単一市場へのアクセスをこのままでは失うことになりかねないことから、英国からの業務移転を年内に開始する見通しだ。英国銀行協会(BBA)のアンソニー・ブラウン最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

  ブラウンCEOは23日付の英日曜紙オブザーバーへの寄稿で、グローバルバンクの手が「リロケート(移転)ボタンの上で震えている」とした上で、「多くの比較的規模の小さい銀行がクリスマス前の移転開始を計画し、さらに規模の大きい銀行は来年1-3月(第1四半期)に移転をスタートさせる見込みだ」と説明した。

  ブラウン氏は具体的な銀行名に言及することを避ける一方、「公の議論と政治的議論が現時点でわれわれを悪い方向に導こうとしている」と述べ、そのような状況では特に金融機関は土壇場まで待つことはできず、「最悪の事態に備えるプラン」を準備する必要があると主張した。

  金融機関の経営幹部の一部は、英国の離脱交渉に伴いEU各国に自由に金融商品やサービスを提供できる「パスポート制度」の権利を失う恐れがあると懸念し、メイ政権は不安の沈静化に努めている。デービスEU離脱担当相は、銀行にとって「可能な限り最善の合意を得る決意だ」と先週述べたが、メイ首相は移民の制限を優先する方針を示し、シティー(ロンドンの金融街)のための特別な取り決めを拒否している。一方、EUの欧州委員会当局者は、英国がEU市民の移動の自由を制限すれば、単一市場へのアクセスを失うとの立場を明確にしている。

7万人の雇用が危険に

  ブラウン氏は、誰を異動させるか結論を出すためのチームを大部分の銀行が既に設置していると述べ、EU離脱後も英国の銀行にはパスポート制度の権利が与えられるべきであり、「第3国並みの扱い」では銀行の移転を食い止めるには十分でないと指摘。欧州の政治家は、ロンドンから雇用が流出せざるを得ない状況に追い込み、英国を罰しようとしているとの見方を示した。

  コンサルティング会社オリバー・ワイマンによれば、EUの単一市場へのアクセスを制限されることによって、英国の金融会社は最大で400億ポンド(約5兆円)の収入を失う恐れがあり、7万人の雇用が危険にさらされる可能性がある。

原題:Banks’ Brexit Exodus to Start Before Year-End, Lobby Chief Says(抜粋)
U.K. Banks to Start Brexit Moves at Christmas, BBA’s Browne Says (抜粋)

(ブラウンCEOの寄稿の詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE