クリントン陣営や議員も懸念表明、AT&Tのワーナー買収計画に

  • トランプ氏は大統領に就任すれば計画を阻止すると22日に発言
  • 独禁法上の重要な問題が生じる可能性を上院議員2人が指摘

AT&Tによるタイムワーナー買収計画は、コムキャストが成功させたNBCユニバーサル買収とよく似ているが、今回は米大統領選の民主、共和両党候補と主要議員が疑念を表明しており、米当局の承認を得るのはより難しくなる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。