9月貿易収支は2カ月ぶりの黒字-輸出の減少幅縮小、市場予想上回る

更新日時
  • 自動車部品が7カ月連続で増加-輸出数量が14年10月以来の高水準
  • 16年度上半期の貿易黒字は東日本大震災の影響受ける前の水準に戻る

輸出から輸入を差し引いた日本の貿易収支は9月速報で、2カ月ぶりに黒字となった。原油価格の下落に伴い輸入額の減少が続く中、輸出額の減少幅が縮小したのが主な要因。

  財務省が24日発表した貿易統計によると、貿易収支は4983億円の黒字。ブルームバーグ調査の予想中央値は3661億円の黒字だった。輸出は前年同月比6.9%減の5兆9684億円と12カ月連続で減少。対前年同月比15.8%の円高が響いた。輸入は16.3%減の5兆4701億円だった。

  輸出は数量ベースで4.7%増と、2014年10月に4.8%増を記録して以来の高水準。米国経済が回復基調にあるなか、米国での自動車販売が堅調に推移しており、付加価値が高く現地化を進めにくい自動車部品が7カ月連続で増加したことが背景にある。

  野村証券の桑原真樹シニアエコノミストは統計発表後、「世界的に製造業活動は良い方向を向いている。特にアジアの製造業活動を中心に持ち直してきている。日本の輸出もそれに合わせた動きだ」と話し、「日本経済は輸出の持ち直しとともに、年後半に景気回復と見ている」と予想した。

  輸出の内訳をみると、自動車が前年同月比7.2%減、鉄鋼が20.9%減とふるわなかった。地域別では米国向けが8.7%減と7カ月連続で減少したが、自動車部品は10.6%増と大幅に増加。欧州連合(EU)向けも11.8%増と好調で、輸出全体は0.7%増と5カ月ぶりに増加した。一方で、中国向けは通信機や有機化合物を中心に10.6%減と7カ月連続で減少した。

  同省は英EU離脱に関して、「今のところ大きなマイナスの影響は出ていない」と説明。原油価格の見通しについては、市況の悪化が続いていた原油価格が元の水準に戻りつつあるとして、「原油安に伴う輸入減がいつまで続くか注視する必要がある」と話した。

  同日、併せて発表された16年度上半期(4~9月)の貿易統計は、2兆4580億円の黒字と2期連続の黒字となった。黒字額は東日本大震災の影響を受ける前の10年度下半期(2兆6億円)を上回る水準に回復した。輸出は9.9%減と2期連続で赤字。輸入は原油安を背景に19.1%減と4期連続で減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE