「役員室のゴースト」バスターズ求む、社外取締役不足に顧問の影

更新日時
  • 4社以上兼務の社外役員は14年に比べ4割超増加、野村証調べ
  • 議決権行使助言のISS、相談役制度導入議案を反対推奨へ

コーポレートガバナンス(企業統治)改革の進展で独立社外取締役の選任企業が増えた半面、1人が複数企業を掛け持ちするケースも増えている。急速な制度変更に人材の育成が追いつかず、原因として日本独自のシステム「顧問・相談役」の弊害を指摘する声がある。兼任依存が強まれば、チェック機能を担う社外役員の存在価値が低下しかねない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。