イラク石油相、OPEC減産の適用除外求める-合意を妨げる恐れ

更新日時
  • イラクは現在、9月の日量470万バレルを上回る原油を生産
  • OPECの減産はイラクを犠牲にして行われるべきではない

イラクは石油輸出国機構(OPEC)の減産に応じない姿勢を示し、OPEC第2位の産油国が原油市場の安定化に向けた最終的な合意の障害となりつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。