米AT&T:7-9月売上高は予想下回る-決算発表を繰り上げ

AT&Tの7-9月(第3四半期)決算では売上高がアナリスト予想を下回った。タイムワーナーの買収合意を発表後に決算を公表した。同社は無線通信市場の成熟化に直面している。

  22日夜の発表資料によると、売上高は4.6%増の408億ドル(約4兆2350億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は412億ドルだった。月決めの携帯電話加入者数は21万2000人増と、予想平均(21万人増)を上回った。

  同社は25日に決算発表を予定していたが、タイムワーナーの買収合意の公表後1時間弱で決算内容を明らかにした。

  一部項目を除いたベースの1株利益は74セントで、予想に合致した。

原題:AT&T Quarterly Sales Fall Short as Carrier Posts Results Early(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE