米AT&Tはメディア・通信融合の巨大企業へ-タイムワーナー買収で

更新日時
  • AT&Tは携帯電話や有料テレビ、ネットのコンテンツ獲得
  • 規制当局は厳しく審査か、大統領選候補者や議員も懐疑的見方

米通信大手AT&Tはメディア大手のタイムワーナーを854億ドル(約8兆8700億円)で買収することで合意した。規制当局が買収を承認すれば、多数の映画作品やテレビ番組を契約者に配信できるメディア・通信の巨大企業が誕生するが、当局や議会はメディア業界の再編に懐疑的な見方を強めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。