米AT&Tはメディア・通信融合の巨大企業へ-タイムワーナー買収で

更新日時
  • AT&Tは携帯電話や有料テレビ、ネットのコンテンツ獲得
  • 規制当局は厳しく審査か、大統領選候補者や議員も懐疑的見方

米通信大手AT&Tはメディア大手のタイムワーナーを854億ドル(約8兆8700億円)で買収することで合意した。規制当局が買収を承認すれば、多数の映画作品やテレビ番組を契約者に配信できるメディア・通信の巨大企業が誕生するが、当局や議会はメディア業界の再編に懐疑的な見方を強めている。

  今回の買収はAT&Tのランドール・スティーブンソン会長兼最高経営責任者(CEO)にとって、無線やインターネット、有料テレビ放送事業の成熟に対応し、メディア・娯楽分野への進出を拡大するビジョンの総仕上げ。AT&Tは有料ケーブルテレビ局のHBOやCNN、映画会社ワーナー・ブラザーズを傘下に置くことで映像の単なる配信者ではなくコンテンツの所有者となる。映像視聴の在り方が劇的に変化する中で、AT&Tのサービス範囲が拡大する。

ワーナー・ブラザーズのアニメキャラクター

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  買収完了後の会社の規模を踏まえて、規制当局は今回の買収に一段と厳しく審査する可能性がある。また、大統領選の民主・共和両党の候補も大型買収に疑念を示しており、政府・議会で支持を取り付けることは難航しそうだ。

  大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は22日、当選すれば買収阻止を検討するとコメント。民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官から副大統領候補に指名されたティム・ケーン上院議員(バージニア州)はNBC放送の番組で、メディア企業の大型合併が「料金引き上げや選択肢の縮小、顧客サービスの悪化につながりかねない」と発言したアル・フランケン上院議員(民主、ミネソタ州)の「懸念や疑念」を共有すると語った。

  両社の22日の発表資料によれば、買収は現金・株式で実施され、買収価格は1株当たり約107.50ドルと、21日のタイムワーナーの通常取引終値に20%強の上乗せとなる。タイムワーナーの株主は1株当たり現金53.75ドルと、AT&T株53.75ドル相当を受け取る。タイムワーナーの純債務を含めると、買収規模は1087億ドルとなる。

  買収は今後タイムワーナーの株主の承認や米司法省の審査が必要で、2017年末までに手続きを完了する見通し。
  

原題:AT&T Plans Media-Telecom Mix With $85.4 Billion Time Warner Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE