ゴールドマンがスポティファイで求人広告-若者よ来たれ

  • スナップチャット、ツイッター、リンクトインも活用
  • 大学生向け求人活動を6月に見直し

ゴールドマン・サックス・グループが音楽ストリーミングサービスのスポティファイで求人広告を出している。若い人材を勧誘するための新しい取り組みの一環。

  米国と英国のスポティファイ画面に掲載されている音声とバナーの広告は、ゴールドマンのアプリケーションにリンクし、同社の各部署の紹介につながる。ウォール街の大手投資銀行の1社であるゴールドマンは、同社勤務が社会に貢献できる機会だと強調している。

スポティファイのオフィス

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  「さまざまな出身や経歴を持ち、才能ある人々が違いを生み出すために集まる職場で、新たなアプリケーションの開発から新規株式公開(IPO)の支援まで」行うと音声が説明。「人文や科学、数学など、いろいろな専門分野の人がいる。予想もしなかった方法でインパクトを与えたいと思うなら、ゴールドマン・サックスのことを考えてみよう」と勧誘している。

  ゴールドマンは今年、偏りなく多様な人材を集められるように大学生向けの求人活動のやり方を見直した。優秀な人材の獲得に向けてシリコン・バレーのテクノロジー企業との競争が激しくなっていることが背景にある。若者にアピールするため最近、ソーシャルメディアのスナップチャットでも広告を掲載した。

   ゴールドマンは求人にツイッターやリンクトインも利用している。スポティファイでの広告の費用は明らかにしなかった。

  ブランド・コンテンツ戦略共同責任者のアマンダ・ルービン氏は「スポティファイとスナップチャットは当社としては非伝統的なメディア選択だ」と述べ、「若い人がゴールドマンを理解する助けになりたいと考えている」と説明した。

原題:Goldman Sachs Advertises on Spotify to Recruit Young Employees(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE