日銀金利支配下で生き延びる秘訣、「これしかない」と三菱モルガン

更新日時
  • 国債相場のボラティリティは1月以来の水準に低下
  • 注目されているキャリーロールダウン効果

日本銀行によるイールドカーブコントロールで、国債利回りの動きはカチコチの状態。短期的な売買で差益を稼ぐのは難しくなった半面、債券を長く持ち続けて評価益を得る作戦の魅力が高まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。