欧州債(21日):ドイツ国債が週間ベースで上昇-緩和延長との観測で

21日の欧州債市場ではドイツ国債がほぼ変わらずだったものの、週間ベースで今月初の上昇を確保した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が20日の記者会見で、同日の政策委員会で債券購入プログラムのテーパリング(縮小)に関する協議がなかったと明らかにしたことを受け、同プログラムが延長されるとの観測が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。