米マクドナルド:売上高が予想上回る-朝食の終日提供などが寄与

マクドナルドの7-9月(第3四半期)売上高はアナリスト予想を上回った。英国やカナダなど海外市場が好調だったほか、米国での朝食サービス終日提供の拡大も寄与した。

  マクドナルドの21日の発表によると、第3四半期の売上高は64億2000万ドル(約6652億4000万円)。アナリスト予想の平均は62億8000万ドルだった。世界全体の既存店売上高は3.5%増。コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想は1.5%増。

  第3四半期の利益は、一部項目を除いたベースで1株当たり1.62ドル。アナリスト予想の平均は同1.48ドル。  

  英国やカナダ、オーストラリア、ドイツを含む海外の主要市場部門が好調だった。同部門の既存店売上高は3.3%増で、伸びはアナリスト予想の平均(1.8%増)を上回った。中国やロシアを含む高成長市場部門は1.5%増。アナリスト予想は0.5%増だった。

原題:McDonald’s Revenue Tops Estimates as Breakfast Boosts U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE