NY外為(21日):ユーロ下落、3月来安値-QEめぐる懸念和らぐ

更新日時
  • ドラギECB総裁、QEの唐突な終了はないと発言
  • ユーロは週間で3週連続の下落

21日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。3月以来の安値となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が20日、量的緩和(QE)プログラムを唐突に停止することは恐らくないだろうと発言したことを受け、金融緩和策が終了予定の期日以降も続けられるとの確信が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。