NY外為(21日):ユーロ下落、3月来安値-QEめぐる懸念和らぐ

更新日時
  • ドラギECB総裁、QEの唐突な終了はないと発言
  • ユーロは週間で3週連続の下落

21日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。3月以来の安値となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が20日、量的緩和(QE)プログラムを唐突に停止することは恐らくないだろうと発言したことを受け、金融緩和策が終了予定の期日以降も続けられるとの確信が強まった。

  ユーロは週間ベースで3週連続の下落。ドラギ総裁によれば、政策委員会は今回の会合でプログラムの延長もテーパリングも協議しなかった。ユーロは今月に入って約3%下落している。

  パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は、ECBが12月に追加緩和を実施し、インフレが「2%へと戻る確固たる軌道」に乗らない限り、緩和策を解除しないとの見方を示した。

  みずほ銀行の通貨ストラテジスト、シリーン・ハラジュリ氏(ニューヨーク在勤)はECBが緩和策を拡大するとの期待で、「ユーロは弱くなっている」と指摘。「ECB会合の余波だ。テーパリングは検討されていないとするドラギ総裁のメッセージはかなり明確だった」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.4%安の1ユーロ=1.0884ドル。一時はECBが過去最低水準への利下げを実施した3月10日以来の安値をつけた。週間では0.8%の下落。ユーロは対円では前日比0.6%安の1ユーロ=112円95銭。ドルは対円で0.1%下げて1ドル=103円80銭。

  ドル高の再開もユーロを圧迫した。米金融当局は12月に利上げを実施するとの観測が強まっている。実際に利上げとなれば、ECBとの政策のかい離は拡大する。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行では、ユーロが今後数カ月に1.05ドルを割り込むと予想している。米金利上昇見通しに加え、イタリアの憲法改正の是非を問う国民投票、およびオランダとフランス、ドイツの総選挙などの政治リスクが理由。ドイツ銀行とTDも、年末にかけてユーロ安の勢いが増すと見込んでいる。

原題:Euro Falls to Lowest Since March as Draghi Eases Nerves on QE(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE