【日本株週間展望】続伸、米経済は緩やかに回復-円高リスクも後退

  • 輸出関連株をけん引役に日経平均は1万7000円台半ばへ
  • 7-9月決算が本格化、業績悪化は織り込み済みで大きな下げはなし

10月4週(24-28日)の日本株は続伸となる見通し。米国経済の緩やかな回復を受けた年内利上げ観測の高まりがドル高・円安をもたらし、輸送用機器や電機、機械など輸出関連株を押し上げる。本格化する企業の四半期決算の発表で通期業績予想の下方修正が増えても、最近は為替相場が安定しており下期業績改善への期待につながりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。