BAT、出資先の米レイノルズ未保有分取得提案-5兆円近い取引

更新日時
  • 成立すれば上場会社として世界最大のたばこ会社に
  • ロンドン市場でBAT株は一時3.5%高に急伸

英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は21日、出資先の米レイノルズ・アメリカンの未保有株を買い取る提案を行ったと発表した。総額約470億ドル(約4兆8800億円)相当の現金と株式交換による取引で、成立すれば上場会社として世界最大のたばこ会社となる。

たばこ業界で大型の株式取得提案

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  BATの資料によれば、提案はレイノルズ株の価値を1株当たり56.50ドルと評価。直近の株価終値に20%上乗せした水準となる。BATはレイノルズの株式42%を既に保有している。

  BATは提案に当たり、レイノルズ取締役会と事前協議はしていないと明らかにした。

  ブルームバーグがまとめたデータによれば、今回の取引規模は英国が6月23日の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択して以来、同国企業が絡む合併・買収(M&A)としては最大。

  21日のロンドン市場で、BAT株は一時3.5%高の4970.50ペンスに達し、時価総額は927億ポンド(約11兆7740億円)に膨らんだ。フランクフルト市場で取引されているレイノルズ株は55.02ドル相当と、前日のニューヨーク市場での終値を17%上回る水準で推移している。

  株式取得提案が受け入れられれば、BATはフィリップ・モリス・インターナショナルを抜き世界最大の上場たばこ会社となる。

  2004年以来レイノルズ株を保有するBATは、合併により費用面で「比較的小さい」約4億ドルの相乗効果がもたらされると予想。利益は合併完了後の初年度から押し上げられると見込む。

原題:BAT Offers to Buy Rest of Reynolds American for $47 Billion (2)(抜粋)

(3段落目以降に詳細や株価動向などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE