中国10年債利回り、過去最低を更新-経済成長への懸念くすぶる

更新日時

中国の国債相場が今週上昇し、10年債利回りは記録が残る中での最低水準を付けた。当局による不動産市場の抑制策や金融システム内のレバレッジ引き下げが経済成長への重しになるとの懸念が背景にある。

  10年物国債利回りは上海時間21日午後3時21分(日本時間同4時21分)現在、2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.635%。2006年にブルームバーグがチャイナボンドのデータ集計を開始して以来の低水準となった。

原題:China Bond Yield Drops to Record Low as Growth Concerns Persist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE