中国の華潤医薬IPOは1870億円規模、仮条件レンジの下方-関係者

中国2位の医薬品会社、華潤医薬集団の香港の新規株式公開(IPO)規模が18億米ドル(約1870億円)となったことが、事情に詳しい関係者の話で分かった。IPO価格は仮条件レンジの中間値を下回ったという。

  情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところによれば、華潤医薬のIPOは1株当たり9.10香港ドル、15億4300万株が対象。ブルームバーグが先週入手した目論見書によると、仮条件は1株8.45-10.15香港ドルだった。

  ブルームバーグの集計データによると、華潤医薬のIPOは医薬関連会社の新規上場としては2013年以来、世界最大規模となる。同社の広報を担当する香港在勤スタッフはコメントを控えた。

原題:China Resources Pharmaceutical Said to Raise $1.8 Billion in IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE