中国人民元:下落、年末の予想水準割り込む-中心レート引き下げで

更新日時

中国人民元は21日、対ドルで下落し、年末までに付けると予想されていた水準を割り込んだ。ドル高と輸出減少を受け当局者が一段の元安容認を示唆する中、下げが加速している。

  上海市場の人民元は現地時間午後5時15分(日本時間同6時15分)現在、前日比0.3%安の1ドル=6.7629元と、6年ぶりの安値に落ち込んだ。週間ベースでは3週連続の値下がりとなった。

  中国人民銀行(中央銀行)はこの日の人民元中心レートを8月以来の大きさで引き下げた。ブルームバーグがまとめた予想中央値では、今年末時点の人民元相場は6.75元と見込まれていた。

  香港市場のオフショア人民元は一時0.38%下落し6.7736元と、2010年の取引開始後の最安値に迫った。

原題:Yuan Weakens Beyond Year-End Estimates as PBOC Lowers Fixing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE