ゴーン氏、日産自CEO職を共同体制に-出資完了の三菱自会長兼務で

  • 共同CEOに西川CCOを起用、グループ相乗効果で収益拡大目指す
  • 日産・ルノー連合の世界販売は1000万台規模に、ビッグ3に迫る

日産自動車は燃費不正問題があった三菱自動車への出資を20日に完了して傘下に収めた。これを受けて、両社はそれぞれ新経営体制を発表、日産自のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が三菱自の再建を会長として支援する。日産・ルノー連合は世界販売で約1000万台規模に拡大し、トヨタ自動車など上位3グループに迫る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。