日銀総裁:長短金利の操作目標「すぐ変更あると考えるのは難しい」

  • 「9月と経済、物価、金融情勢は大きく変わっていない」
  • 2017年度中に物価目標2%を達成見通し「修正はあり得る」

日本銀行の黒田東彦総裁は、9月に開いた前回の金融政策決定会合から経済、物価、金融情勢は変わっておらず、長短金利の操作目標について「すぐに変更があると考えることは難しい」と述べ、10月31、11月1日に開く次回会合で、金融政策運営を変更する可能性は小さいとの見方を示した。衆院財務金融委員会で民進党の前原誠司氏の質問に答えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。