ドル・円が104円前半から反落、株安や白井発言で-ユーロ3月来安値

更新日時
  • 3日ぶり高値104円20銭から一時103円75銭まで下落する場面も
  • 複合的な要因で落ちてしまった感じ-マネースクウェア・ジャパン

21日の東京外国為替市場ではドル・円相場が反落。ドルの堅調地合いが続く中、1ドル=104円台前半までドル買い・円売りが進んだが、午後には日本株の下落や白井さゆり前日本銀行審議委員の発言を手掛かりに円買い圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。