【債券週間展望】長期金利低下か、20年入札で強い投資家需要との見方

  • 20年債0.4%、30年債0.5%くらいの目線できている-JPモルガン証
  • 月末控えリアルマネーの動き出しがあるかどうか注目-三井住友AM

来週の債券市場では長期金利の低下が予想されている。20年債入札では投資家からの強い需要が見込まれており、入札後に期間の長いゾーンを中心に金利低下圧力が掛かる見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。