試されるOPEC価格支配力、生産抑制でもシェール供給増も-世銀

石油輸出国機構(OPEC)が生産抑制によって原油価格を押し上げることが可能かどうかは、シェールオイルや他の非伝統的な生産者の増産能力によって試されると世界銀行が指摘した。

  OPECが9月28日に8年ぶりの減産で合意して以降、原油価格は7%余り上昇した。しかし、世銀は20日公表した最新の商品市場見通しで、米シェールオイル業者など非伝統的な生産者からの供給増加が、OPECの価格支配力を制限すると予想。シェール業者は伝統的な生産者に比べてより短い生産サイクルで利益が得られ、シェール開発コストは著しく低下していると分析した。

  世銀は「OPECや他の産油国が生産抑制とそれに伴う意味のある価格押し上げに成功すれば、特にシェールオイル生産の柔軟性を考えると、原油生産への投資とOPEC以外から供給が増加し、中期的に原油価格を押し上げるOPECの能力が試される可能性が高い」との見解を示した。

原題:OPEC Deal Unlikely to Lift Oil Prices for Long, World Bank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE