ゴールドマンとシティの幹部報酬プラン、ドイツ銀などが反対に転じる

  • 独アリアンツと英シュローダーも今年の株主総会では反対に回った
  • 株主代理権行使分析会社ファンド・ボーツが大口投資家の資料を集計

米銀ゴールドマン・サックス・グループとシティグループが今年開いた年次株主総会で、大口投資家が意外な投票行動に出ていたことが判明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。