NY銅:8日続落、2014年以来最長の下げ-供給過剰めぐる懸念で

20日のニューヨーク銅先物相場は8営業日続落。2014年3月以降で最長の下落局面となった。市場で供給過剰の兆候が続いていることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。