スプリント、無線周波数帯裏付けの新発債が投資家に大人気-価格上昇

  • 債券価格は流通市場取引で直ちに上昇、既に含み益は計4800万ドル
  • 追加発行が同社に有利に進む公算も

米携帯電話事業者スプリントが発行した無線周波数帯を担保とする債券を入手できた投資家は既に4800万ドル(約50億円)の含み益を確保したことになる。これは、追加発行の場合に同社に極めて有利な材料となる。

  金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、トレースによると、額面とほぼ同水準で発行されたスプリントの35億ドル規模の社債価格はニューヨーク時間20日午後3時46分現在、額面1ドルに対し101.375セント。広範な人気を受けてスプリントはより低い金利で追加発行できるかもしれないと、同証券を購入したインベスコのマネーマネジャー、マット・ブリル氏は分析している。

  ブルームバーグのデータによると、新発債の満期日は2021年だが、スプリントは3年間での償還に同意している。

  非公開情報を理由に匿名で語った関係者によると、今回の募集に対し280億ドル相当の応募があった。スプリントは当初、金利3.5%超を想定していたが、3.36%に圧縮できた。同社は先週、周波数担保の計画に基づき、最大70億ドルを調達する可能性があると発表している。

原題:Sprint Becomes Holy Grail to Bond Investors Reaping $48 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE