アリババ:独身者の日の取引額、記録更新の見通し-新たな活動で

更新日時
  • エバンス社長が昨年の数字を上回るだろうと発言
  • 取引拡大に向け、ファッションショーなどを展開へ

電子商取引で中国最大手のアリババ・グループ・ホールディングは11月の「光棍節」(独身者の日)の取引額について、過去最高だった2015年の143億ドル(約1兆4900億円)を上回るとの見通しを明らかにした。仮想空間でのファッションショーや拡張現実ゲームなどの新しい活動を当日までに展開し、オンラインの買い物客を引き付ける狙いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。