アリババ:独身者の日の取引額、記録更新の見通し-新たな活動で

更新日時
  • エバンス社長が昨年の数字を上回るだろうと発言
  • 取引拡大に向け、ファッションショーなどを展開へ

電子商取引で中国最大手のアリババ・グループ・ホールディングは11月の「光棍節」(独身者の日)の取引額について、過去最高だった2015年の143億ドル(約1兆4900億円)を上回るとの見通しを明らかにした。仮想空間でのファッションショーや拡張現実ゲームなどの新しい活動を当日までに展開し、オンラインの買い物客を引き付ける狙いだ。

  同社のマイケル・エバンス社長はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「数字は大きく、昨年を上回ろう」と述べた。

  その上で、会社として数字を重視しているわけではないとし、参加する全ての人にとって素晴らしいイベントでなければ「われわれが望むものを本当に達成したことにならない」と語った。インタビューはサンフランシスコで開催の「ヴァニティ・フェア・ニュー・エスタブリッシュメント・サミット」の場で行われた。

  同社長はまた「中国はバブル状態にない」とし、「経済におけるサービスと消費という要素が非常に急激に伸びている」と述べた。

原題:Alibaba Expects to Top Singles’ Day Record With New Products (1)(抜粋)

(第3、4段落に発言内容を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE