米AMD:10-12月売上高、市場予想には届かない可能性-株価下落

  • 過剰在庫でパソコン向け部品の受注の伸び鈍化
  • 7-9月期の純損益は4億600万ドルの赤字

半導体メーカー、米アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)の10-12月(第4四半期)の売上高は、アナリストの予想平均に届かない可能性がある。同社は持続的な黒字に戻ることを目指しているが、過剰在庫でパソコン向け部品の受注の伸びは鈍化している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。