NY原油(20日):反落、ロシア増産発言やナイジェリアの値引きで

20日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。ロシア最大の石油会社が同国は増産が可能との見解を示したほか、ナイジェリアが原油価格を引き下げたことが売りを誘った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。