ロシアは石油の大幅増産可能-ロスネフチのセチンCEO

更新日時
  • ロシアは年間で最高2億トンの増産能力ある-セチンCEO
  • ロシアとサウジのエネルギー相は供給問題で週末に会談を予定

ロシアは石油の大幅増産が可能だと国内石油最大手のロスネフチが明らかにした。同国のプーチン大統領は今月、生産制限のための国際的な取り組みを支持する方針を示していた。

  同社のイゴーリ・セチン最高経営責任者(CEO)は20日、「将来ロシアは産油量を大幅に引き上げることが可能だ」と語った。需要があり技術や経済の条件が許す場合には、年間で最高2億トン、日量400万バレルを増産する能力を同国は備えていると説明した。

  ロシアの生産量は既にソ連崩壊後で最高の水準にある。9月の生産量は暫定データで日量1111万バレルだった。同国のノバク・エネルギー相は今週末、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相と会談する予定。石油輸出国機構(OPEC)は世界的な供給過剰を抑制する措置に取り組んでおり、プーチン大統領は2週間足らず前に「生産抑制に向けた共同の取り組みに参加の用意がある」と述べたばかりだった。

  ロスネフチの広報担当はセチンCEOの見通しについて、「2045年までの展望だ」と話した。

原題:Russia Oil Capable of Significant Output Growth, Sechin Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE