難民危機、実はギリシャ経済にプラス-成長率0.3ポイント押し上げも

難民危機を議題に20日ブリュッセルに集まる欧州連合(EU)加盟国首脳の中には、戦争や迫害から逃れてくる人々への支援費用に国内経済が耐えられないと主張する向きもいるかもしれない。だが、ギリシャはその中に入らないはずだ。

  過去6年間を総合するとエーゲ海を渡りギリシャに到着した数万人の難民は、ギリシャにとって小幅で短期的な景気刺激要因になっている可能性がある。

  政府資金の支出が相次ぐ削減に見舞われた期間中、難民への住居や食料、支援の提供でこれまで費やされた額は数億ユーロ。ギリシャの施設で立ち往生する6万人以上を滞在させるという途方もない業務を支えるため、国内の業者だけでなく国際機関や非政府組織のソーシャルワーカーやエンジニアなど数千人のスタッフがギリシャで活動してきた。

  政府の委託で今年4月から行われた調査によると、これらの取り組みがギリシャの国内総生産(GDP)成長率に及ぼした影響は中立ないしプラス0.3ポイント。難民対策費用は政府の財政目標から除外されることもあり、今や前向きなシナリオの実現可能性が高まっている。

  欧州委員会は今年、ギリシャの難民危機関連プロジェクト用資金として約2億ユーロ(約230億円)を承認した。それほど大きな額とは思われないかもしれないが、緊縮財政のためギリシャ政府の投資予算が年7億ユーロ強にすぎない中では大きな押し上げになる。

  欧州委ではギリシャの今年のGDP成長率をマイナス0.3%と予測している。このため難民支援資金と関連需要が、マイナス成長を均衡点にまで押し上げる可能性もある。

原題:There Might Be a Silver Lining for Greece in the Refugee Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE