欧州債:ドイツ債が4日続伸-ECBは緩和延長や縮小を協議せず

20日の欧州債市場ではドイツ国債が4日続伸。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日の定例政策委員会で量的緩和策の延長やテーパリング(段階的縮小)について協議されなかったことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。