米中古住宅販売:9月は前月比3.2%増の年率547万戸-予想上回る

9月の米中古住宅販売件数は市場予想を上回る伸びとなった。

  全米不動産業者協会(NAR)が20日発表した9月の中古住宅販売件数は前月比3.2%増の年率547万戸。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は535万戸だった。前月は530万戸。9月は前年同月比では季節調整前ベースで2.8%増だった。

  中古住宅価格(中央値)は前年同月比5.6%上昇して23万4200ドル。在庫は前年同月比6.8%減の204万戸だった。販売に対する在庫比率は4.5カ月(前月4.6カ月)。NARは同比率が5カ月を下回ると供給タイトと認識している。

  NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は同統計発表の記者会見で、「客足は1年前と比較し顕著に強まった」とした上で、「季節的な減速期に入りつつあるが、再び春の購入シーズンになれば動きはかなり活発になる。不足しているのは在庫だ。供給面の状況は改善されていない」と指摘した。

  地域別では全米4地域全てで販売が増加。西部で最も伸びが大きかった。全国ベースでは一戸建て販売が4.1%増の年率486万戸。コンドミニアムなど集合住宅は3.2%減の61万戸だった。

原題:Sales of Existing Homes in U.S. Increase More Than Forecast (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE