米週間新規失業保険申請件数:26万件、増加幅は7月以降で最大

先週の米週間新規失業保険申請件数は前週比で増加。増加幅は7月以降で最大だった。米労働省によると、10月15日終了週は前週比で1万3000件増加して26万件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は25万件だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。