ドイツ銀、カタールの株主が中国投資家などと増資参加合意-独誌

ドイツ銀行のカタールの株主が、同国の政府系ファンドおよびアブダビ政府、中国の投資家との間で、ドイツ銀が増資をする場合はともに参加する非公式の合意を交わしたと、独誌マネジャー・マガツィーンが情報源を示さずに報じた。

  同誌によると、この投資家連合は合わせて最大25%のドイツ銀株を取得する用意がある。この持ち分で投資家は、経営陣の変更も含め経営方針により大きな発言力を持つことになると同誌は説明した。ドイツ銀の広報担当者はブルームバーグに対しコメントを控えた。

  ドイツ銀行の既存株主であるカタールの王族が持ち株比率を最大25%に引き上げることを検討していると、独誌シュピーゲルが今月報じていた。

  ドイツ銀株は20日、一時4.2%高となり、フランクフルト時間午後2時26分現在は2%高。

原題:Qatar Draws Abu Dhabi, China Backers for Deutsche Bank, MM Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE