ECB、政策金利と量的緩和の現状維持-期間延長の可能性に注目

欧州中央銀行(ECB)は20日、政策金利と量的緩和の現状維持を発表した。債券購入プログラムの延長が年内に発表される可能性に期待が高まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。