ECB、政策金利と量的緩和の現状維持-期間延長の可能性に注目

欧州中央銀行(ECB)は20日、政策金利と量的緩和の現状維持を発表した。債券購入プログラムの延長が年内に発表される可能性に期待が高まっている。

  発表によると、主要政策金利であるリファイナンスオペの最低応札金利は0で据え置き。中銀預金金利はマイナス0.4%で維持した。資産購入規模も月額800億ユーロ(約9兆1000億円)で変わらず。ブルームバーグの調査に答えたエコノミスト全員の予想通りだった。

  この後開かれるドラギ総裁の記者会見では、2017年3月までとされている資産購入の期間延長が発表されるかどうかに注目が集まる。

  ECBは声明で「政策委員会はECBの政策金利が現行またはそれ以下の水準に長期にわたりとどまることを引き続き見込んでいる。金利は資産購入の終了時期よりもかなり後まで低水準を維持するだろう」とし、月額800億ユーロの資産購入は「2017年3月末まで、または必要に応じそれ以降も継続する」と表明した。

  ソシエテ・ジェネラルの世界経済責任者、ミチャラ・マーカッセン氏は発表前に「ECBは時間をかけたがっている。急いではいない」とし、ドラギ総裁の会見は「全体としてかなりハト派的だろう。12月にQEプログラムの買い入れ条件について微調整があるだろう」と語った。

原題:ECB Leaves Stimulus Unchanged as Decision Deadline for QE Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE