米国に「さよならを言うべき時」-中国訪問中のフィリピン大統領

  • ドゥテルテ大統領は19日、北京で在住フィリピン人向けにスピーチ
  • 「米国の干渉はもうたくさんだ」と大統領-20日は習主席と会談した

フィリピンのドゥテルテ大統領は自らの外交の軸足を中国に移すことをこれまでで最も明確な形で表明した。訪問先の北京で中国に住む数百人のフィリピン人を前にスピーチし、米国に対し「さよならを言うべき時だ」と言明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。