バークレイズCEO、資産圧縮重ねて表明-コスト目標達成に自信

英銀バークレイズのジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は経営再建策の成果を示唆するとともに、リターン向上のため優先度の低い資産を整理する決意をあらためて表明した。

  同CEOは20日シンガポールでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、中核事業である消費者向けと投資銀行業務の有形株主資本利益率が6月時点で約11%だったとし、大半の銀行が直面する資本コストである10%前後よりも高いと指摘した。

  「資本コストよりも高いリターンを生み出せれば、この環境の中ではよくやっていると言えると思う」と語った。「必要なのは中核事業以外のものを閉鎖することだ」とも述べた。

  また、経営陣は中核事業の今年のコスト目標を130億ポンド(約1兆6600億円)に設定しており、経費削減がこの達成を後押しするだろうとの認識を示した。

原題:Barclays CEO Staley Upbeat on Turnaround Program Before Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE