なぜ日本は蚊帳の外なのか、投資家の目に映る世界的インフレ兆し

更新日時
  • 「適合的」な要素が大きく影響している
  • 年初の3分の1にとどまる日本のインフレスワップ

金融危機後の超低金利に甘んじてきた債券投資家に、原油価格の反発を背景とするインフレ期待が世界的に出始めている。それでも日本が蚊帳の外に置かれているのは、日本銀行の黒田東彦総裁が指摘する「適合的」な要素が大きく影響しているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。