キーストーン、東京五輪控えホテルに再生投資-ブームで高値売却も

  • 新ファンドを募集開始、300億円集めホテルなどに投資へ
  • 京都と沖縄の案件を検討、改装で稼働率を上げエグジット目指す

企業再生ファンドのキーストーン・パートナースは、新たなファンドを通じて日本国内ホテルへの再生投資を計画、京都と沖縄の案件を検討している。2020年の東京五輪を控え、訪日観光客が増加する中、機会をとらえて高値で売却する方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。