JPモルガン、中国の第一創業証券との合弁持ち株売却に向け交渉中

  • 経営に大きな影響力を持てる新たなパートナーシップを探る-関係者
  • 「他社が追随しても驚かない」とアナリスト

米銀JPモルガン・チェースが中国の第一創業証券と2010年に設立した合弁の持ち株を売却する方向で協議中であることが分かった。同国での合弁で経営権を持てない現状に外資系銀行が不満を高めていることを示唆している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。