香港株:反発、原油高でエネルギー株上昇-上海総合指数ほぼ変わらず

更新日時
  • 中海油田服務やペトロチャイナの上げ目立つ
  • 売買は低水準、持続的な株価上昇は見込みにくいと建銀国際証券

20日の香港株式相場は反発。原油先物価格が1年3カ月ぶりの高値近くで推移する中、エネルギー銘柄を中心に上昇した。

  ハンセン指数は前日比0.3%高の23374.40で終了。売買は7月以来の低水準近くにとどまった。中海油田服務(2883 HK)は昨年11月以来の高値となり、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は2週間ぶりの大幅な上げ。米原油在庫の減少を受け、原油相場が1バレル=51ドルを上回った。

  建銀国際証券の調査部門共同責任者、蘇国堅氏(香港在勤)は「短期的には中国経済が予想より良好で、株式に資金が戻りつつあるかもしれないと考えられている」と指摘。「だが、売買は極めて低水準にとどまっており、上昇は恐らく続かないだろう」と付け加えた。

  香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.5%高。本土市場の上海総合指数はほぼ変わらずで取引を終えた。

原題:Hong Kong Stocks Advance as Oil Price Gain Buoys Energy Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE