「キットカット」のネスレ、1-9月決算は甘くない可能性-チャート

  チョコレー ト菓子「キットカット」を販売する世界最大の食品メーカー、スイスのネスレが20日発表予定の決算では、1-9月の本業の売上高の伸びが2009年以来の低水準となった可能性がある。同社はブラジルやロシアなどの国々ではインフレ、西欧と北米ではデフレの影響を受けている。ダノンやユニリーバ 、レキット・ベンキーザー・グループも最近発表した決算で、新興市場の需要後退に伴い売上高の伸びが鈍化したと説明した。サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、アンドルー・ウッド氏によれば、これによりネスレは2016年の売上高目標の達成を諦めざるを得ない公算が大きい。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。