日産自、グループ販売1000万台でビッグ3射程-三菱自に出資完了

更新日時
  • ゴーンCEOが三菱自会長を兼務、三菱自の益子会長は社長を継続
  • 三菱自は相乗効果で収益拡大へ-営業利益率は19年度に2%以上向上

日産自動車は燃費不正問題があった三菱自動車への出資約2374億円を完了したと発表した。東南アジア事業やピックアップトラックに強みを持つ三菱自を傘下に収め、日産・ルノー連合の世界販売は約1000万台規模に拡大し、トヨタ自動車など上位3グループに迫る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。